まいこ(Vo/Guitar) ゆっこ(Bass/Vo) ひらちん(Drumus/Vo)
ゼロ年代のド頭、バンド経験のない女子3人が突然段ボールBBSでの蔦木俊二の呼びかけに応じ、「おにんこ」結成。 と同時に 突然段ボールのメンバーとしても活動を展開し、レッド・クレイヨラ来日公演のオープニング・アクトを2度務め、『D』などの アルバムに参加。 「おにんこ」としては、2002年にファーストアルバム『なぞなぞ』(いぬん堂)をリリース。その後、蔦木 俊二が発展的脱退。 名前の画数占いに凝っていたドラムのひらちんの提案から「!」を付け足して11画の「おにんこ!」へ改名。 セカンドアルバム『ノンポリシー商店』(2006年/日本カセットテープレコーヂング)は完全に3人のみで制作にあたり、一 部で極地的な高い評価を得る。 その後も、札幌の女子デュオ「角煮」とのスプリット7インチのリリースや、ジャド・フェア来日 公演のサポート、 KUKNACKE『LET THE MUSIC PLAY』のremix音源の提供、『casiotone compilation3』への参加、 ベースの ゆっこの映画『サウダーヂ』への出演、ひらちんのハンドメイドブランド『MAMMAL』の立ち上げ、 バンド結成10年でついに まいこの人生初エレキギター購入など、腐れ縁とちゃっかり感、 はたまたうっかり具合と堅実さが絶妙なマーブル模様を描きつつ 今年で活動12年目を迎える。 2012年3月、6年振りの待望のサード・アルバム『ニューONINKO!』をTOAD RECORDSよりリリース。

◎Tシャツについて
ロックファンにとってはDEERHOOFの名盤『MILK MAN』のカバーアート等でも有名な 現代アーティストの加賀美健がおにんこ!のために書き下ろした「おにぎりマン」Tシャツが完成。 サード・アルバムのリリースを記念し、限定生産されたTシャツは原宿の古着屋KINSSELLA、加賀美健のショップSTRANGE STORE、 おにんこ!のライブ会場のみで各店少量づつ販売の稀少なデザインとなります。